第5回講演会【ILSC即時荷重研究会】

インプラント治療における即時荷重、即日修復は患者さんの治療期間中のQOL の維持、向上に大きな役割を果たしております。昨今の医療において整形外科におけるオペ翌日からのリハビリ介入などをみてもかつての長期入院から早期退院、長期安静から早期負荷、荷重をかける時代になってきています。
では、歯科ではどうでしょうか?高い臨床成績が臨床エビデンスとなる我々の日々の臨床… EBM(根拠に基づいた医療)のみならずNBM(物語りと対話による医療)つまり患者の心により寄り添った医療がインプラント治療においても重要な時代になってきているのではないでしょうか?オペと同時に歯を回復出来れば、どんな患者さんでも喜びは大きいでしょう。
しかし、それを行うためには専門知識、技術の共有が不可欠です。まだまだ、そんなリスキーなことはしないと考える歯科医師も少なくないでしょう。なぜ即時荷重・即日修復を行うのか、また行わないのか、相互の意見を本会を通じて議論していただけたる場になればと思っております。きっと私たちにとって大きな学びとなることでしょう。

参加費:早期申込割引あり(4月30日まで)

PAGE TOP